Beauty osteopath新着情報

VIO脱毛について

VIO脱毛とは?

Vライン(ビキニライン)

デリケートゾーンの両サイド(両足の付け根周辺)の部位をVラインといいます。

Iライン

Vラインのさらに奥の、陰部の両サイドがIラインです。
自己処理が難しい上、デリケートゾーンの中でも特に蒸れやすい部分でもあります。

Oライン

粘膜を除いた、肛門周りの部位がOラインです。
こちらも自分では処理しにくいため、プロのVIO脱毛で処理する方がほとんどです。

VIO脱毛では、まったく毛のない状態まで脱毛するだけでなく、
ある程度毛を残したまま全体の形を整えたり、毛量を少なくしたりすることも可能です。
個人の希望に合わせ、自己処理の難しいデリケートゾーンの毛を整えられる点が、
VIO脱毛ならではの魅力といえるでしょう。

VIO脱毛のメリット

蒸れの原因をなくし、生理中の不快感を軽減できる

VIO脱毛の最大のメリットのひとつは、デリケートゾーンを衛生的に保ちやすくなること。
蒸れの原因であるムダ毛をなくすことで下着の中の通気性を高め、雑菌の繁殖を予防できます。
また、ムダ毛による蒸れを解消することで、生理中のにおいやかゆみなどの不快感も大きく軽減できるでしょう。

水着や下着をきれいに着こなせる

アンダーヘアの毛量を減らして形を整えることで、
下着や水着もきれいに着こなせるようになり、おしゃれを楽しめるようになります。

自己処理による肌トラブル予防にも

VIO脱毛を続ければ、デリケートゾーンの自己処理の頻度を減らすことができます。
脱毛施術が完了すれば、自己処理は不要に。

VIOは特に皮膚が薄く敏感な部位のため、
カミソリや脱毛クリームなどを使った自己処理では、肌荒れを起こすリスクが高くなります。
目や手の届きにくい部分もあり、無理に処理しようとすると肌を傷つけてしまう可能性も。

プロの施術なら、安全に理想的なデリケートゾーンを手に入れることができるでしょう。

VIO脱毛で痛みを感じやすいのはなぜ?

脱毛の対象になる部位の中でも、VIOは痛みを感じやすいといわれる大きな理由が、
VIOに生える体毛がほかの部位の体毛と比べて太く濃いという点にあります。
クリニックやエステサロンの脱毛では、レーザーや光をムダ毛の黒い部分(メラニン色素)に照射して施術を行います。
そのため、ほかの部位よりもレーザーや光がメラニン色素に反応しやすく、熱による痛みを感じる方が多いのです。
また、VIOゾーンはほかの部位よりも皮膚が薄く、デリケートな部分です。
そのため、レーザーや光を照射した際にも、刺激を感じやすくなります。

痛みが不安なら事前に相談を

脱毛の施術では、麻酔などを使って痛みを軽減することが可能です。
医療レーザー脱毛の場合は、主にクリームやガスタイプの麻酔が使われます。
光脱毛の場合、照射レベルを下げることで痛みを軽減できますが、同時に脱毛効果も弱くなります。
痛みや刺激が不安な方は、あらかじめスタッフに相談するといいでしょう。

岐阜県でシミケアや脱毛をお考えなら女性専門エステティックサロン My Luceにご相談下さい。


サロン名:My Luce(マイルーチェ)

住所:〒509-0207 岐阜県可児市今渡 1576-2 2F

TEL:0574-58-5351

営業時間:10:00~21:00(19:30最終受付) 定休日:不定休

業務内容:脱毛・シミケア・フェイシャル・美骨整体

pagetop